BXI Builingual System started translating.
Language

会社概要

Company

白鷹

鷹は百鳥の王といわれ、
その中でも白い鷹は千年に一度現れる霊鳥といわれています。
王者の風格と気品を持つ「鷹に」、
清酒の清らかさをあらわす「白」をあわせて生まれたのが
白鷹の酒名となっています。



一八六二年(文久二年)初代辰馬悦蔵が西宮の現在地に白鷹を創業、
「品質第一」を掲げ超一流に徹した酒造りを開始しました。
現在白鷹の社訓となっている「桃李不言下白成蹊」(桃李言わざれども、下自ら蹊をなす)は、
モモやスモモは花も美しいので、自然に多くの人が集まり、
下にはいつの間にか小路ができるという意味から転じて、
精良の品を正直に販売していれば自ずと皆さまが求めてくださるようになるという
創始者の遺訓であり、今日も白鷹の精神的支柱として受け継がれています。



「品質第一をモットーに精良醇美の日本酒をお届けする」
私共は、芥川龍之介、富岡鉄斎など多くの文人・墨客に愛された本物の日本酒を、
味の判る多くの皆さまに飲んでいただきたいと願い、
更なる日本酒の歴史の一ページを綴るため、日夜挑戦してまいります。

メッセージ

鷹は百鳥の王といわれ、その中でも白い鷹は千年に一度現れる霊鳥といわれています。
王者の風格と気品を持つ「鷹に」、清酒の清らかさをあらわす「白」をあわせて生まれたのが白鷹の酒名となっています。

一八六二年(文久二年)初代辰馬悦蔵が西宮の現在地に白鷹を創業、「品質第一」を掲げ超一流に徹した酒造りを開始しました。
現在白鷹の社訓となっている「桃李不言下白成蹊」(桃李言わざれども、下自ら蹊をなす)は、モモやスモモは花も美しいので、自然に多くの人が集まり、下にはいつの間にか小路ができるという意味から転じて、精良の品を正直に販売していれば自ずと皆さまが求めてくださるようになるという創始者の遺訓であり、今日も白鷹の精神的支柱として受け継がれています。
「品質第一をモットーに精良醇美の日本酒をお届けする」
私共は、芥川龍之介、富岡鉄斎など多くの文人・墨客に愛された本物の日本酒を、味の判る多くの皆さまに飲んでいただきたいと願い、更なる日本酒の歴史の一ページを綴るため、日夜挑戦してまいります。

会社概要

会社名
白鷹株式会社
本社所在地
〒662-0942
兵庫県西宮市浜町1番1号
代表
代表取締役社長 澤田 朗
創業
文久2年(1862年)
業務内容
清酒の製造及び販売
不動産賃貸業
従業員
38名(令和3年3月末現在)
主要取引銀行
三菱UFJ銀行
三井住友銀行
年商
844百万円
関連・グループ企業
辰馬企業株式会社 [不動産賃貸業]
〒662-0926 兵庫県西宮市鞍掛町4番16号
Tel:(0798) 33-4330 Fax:(0798) 36-6356

北辰馬株式会社 [不動産賃貸業]
〒662-0926 兵庫県西宮市鞍掛町4番16号
Tel:(0798) 33-4330 Fax:(0798) 36-6356
本社
組織図

アクセス

本社

〒662-0942
兵庫県西宮市浜町1番1号
Tel:0798-33- 0001
Fax:0798-36-6356
Googleマップ ≫
東京支店

〒104-0033
東京都中央区新川1丁目18番9号
Tel:03-3551-5003
Fax:03-3551-5024
Googleマップ ≫

沿革

文久2年 (1862)
初代辰馬悦蔵が辰馬本家(白鹿醸造元)より分家し、新たに酒造業を興す。
初代悦蔵は当時西宮にあった雀部(ささべ)家の「鱗蔵(うろこぐら)」を買い取り酒造を開始、「鱗」印と銘うって江戸への積み出しを開始する。後、品質第一に徹して「白鷹」印を出し、品質価格共に非常に高い評価を得る。
明治10年 (1877)
我が国で初めての内国博覧会が東京で開催され、この品評会に出品して花紋賞を受賞。
明治22年 (1889)
フランス、パリ万国博覧会に出品し賞杯を得たのを始め、多数海外の万国博覧会に出品して大賞を受賞する。
明治30年 (1897)
二代悦蔵が家業を継ぐ。初代悦蔵は隠居し、悦叟(えっそう)と名乗る。二代悦蔵は長女もんの婿養子で初代悦蔵の薫陶を受け酒造に励む。
明治42年 (1909)
滝野川造試験所で開催された第二回全国清酒品評会に出品し、「優等賞」を受賞する。
大正6年 (1917)
二代悦蔵逝去、三代悦蔵が家業を継ぐ。
大正13年 (1924)
伊勢神宮の大御饌(おおみけ)に清酒が初めて採用されることとなる。日本全国の清酒の中から唯一白鷹が伊勢神宮の御料酒に選ばれる。
昭和4年 (1929)
「北辰馬商店」より「株式会社辰馬悦蔵商店」と社名変更し株式会社組織となる。
昭和14年 (1939)
第二次世界大戦が始まり、大平洋戦争と続き原料米不足により減産となる。
昭和20年 (1945)
戦災で木造蔵は全焼。焼け残った北店蔵と辰馬本家酒造(株)の本蔵を借り受けて醸造を再開する。
昭和25年 (1950)
北店、大北蔵の前蔵の2つの蔵を建設し、その他精米工場、瓶詰工場、倉庫、事務所など建設し、復興計画が完了する。
昭和35年 (1960)
鉄筋コンクリート造り4階建ての白鷹蔵建設。
昭和36年 (1961)
鉄筋コンクリート造り3階建ての瓶詰工場建設。
昭和40年 (1965)
醸造蔵の設備機械化、合理化を進め白鷹蔵一蔵に集約する。
昭和49年 (1974)
三代悦蔵より四代辰馬寛男が家業を継ぐ。
平成4年 (1992)
「株式会社辰馬悦蔵商店」より「白鷹株式会社」に社名変更する。
平成7年 (1995)
阪神淡路大震災で被災するも被害は最小限にとどまる。
平成15年 (2003)
四代辰馬寛男逝去。五代社長に辰馬眞澄が就任。
平成17年 (2005)
北店、前蔵の2つの蔵を改修し、新瓶詰工場、倉庫を建設。
平成21年 (2009)
六代社長に澤田朗が就任。

現在に至る。