過去の展示















公益財団法人 辰馬考古資料館
〒662-0962 兵庫県西宮市松下町2-28
TEL&FAX 0798-34-0130
tatsu-kouko@syd.odn.ne.jp


富間鉄斎(1836〜1924)は、明治、大正を通じて大きく変革する日本画壇において、独自の画風を展開した文人画家です。その画歴はおよそ70年にわたり、一万点に上るといわれる作品は実に多彩で、文人画の枠をはるかに越えています。当館所蔵の鉄斎作品は、辰馬家初代悦曳と鉄斎との交遊に基づくものであり1980年に辰馬家より一括寄贈を受け、 以来毎年春に展観を行っています。

鉄斎と西宮で酒造業を営む北辰馬家(清酒「白脱」醸造元)の親交は、 1907 (明治40年)、 辰馬家初代悦皮73歳、 鉄斎72歳の頃より始まり、 鉄斎が89歳で亡くなるまで続きます。 この間は鉄斎の作画生活が最も充実していた時期と重なり、 多くの傑作が生み出されています。

今回の春季展では、 辰馬家旧蔵鉄斎作品の中から、日本神話に登場する神々を主題とした作品を中心に展示いたします。 鉄斎が悦皮の病篤きを見舞って贈られた円相「天釧女命神楽舞図」を始め、 天孫降臨において天釧女命と猿田毘古命が問答する場面を描いた「大宮比売命・猿田毘古命問対図」、 大黒天の姿で描かれた「大国主大神影」、 他にも魔除けの神とされる鍾旭を朱で描き疱癒除けとして端午の節旬に飾られた「朱鍾旭図」などを展示いたします。

※会期中、出品作品の入れ替えを行います。
前期:3月23日〜4月14日
後期:4月16日〜5月6日

 


旭光照波図(前期) 天鈿女命神楽舞図(前期)
パンフレットはこちらから




展覧会名称
富岡鉄斎展
期間
2019年3月23日(土)〜5月6日(月)
(前期3/23〜4/14、後期4/16〜5/6)
開館時間
10:00〜16:30(入館は16:00まで)
入館料
一般200円、敬老・大学生100円、高校生以下無料
休館日
月曜休館 (祝日は開館) および5月1日
ミュージアムコンサート
謡と小鼓の響き「桜川」〜我が子を捜し求め、散る花に心乱れる母〜
日時:4月4日(木) 14:00〜15:00
謡:寺澤幸祐 小鼓:久田舜一郎、久田陽春子
参加費:無料(入館料のみお支払いいただきます)
交通
辰馬考古資料館へは、阪神電車香櫨園駅より徒歩2分
JRさくら夙川駅より徒歩7分
阪急電車夙川駅より徒歩10分





未成年者の飲酒は法律で禁じられています。お酒はおいしく適量を。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に影響するおそれがありますので、気をつけましょう。
飲酒運転は絶対にやめましょう。


Copyright (C) 白鷹株式会社. All Rights Reserved.