過去の展示















公益財団法人 辰馬考古資料館
〒662-0962 兵庫県西宮市松下町2-28
TEL&FAX 0798-34-0130
tatsu-kouko@syd.odn.ne.jp


お詫び
しばらくの間、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、春季展「富岡鉄斎展」を休止いたします。
皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解いただきますよう、お願い申し上げます。

富岡鉄斎(1836〜1924)は、明治、大正を通じて大きく変革する日本画壇において、独自の画風を展開した文人画家です。その画歴はおよそ70年にわたり、一万点に上るといわれる作品は実に多彩で、文人画の枠をはるかに越えています。当館所蔵の鉄斎作品は、辰馬家初代悦叟と鉄斎との交遊に基づくものであり1980年に辰馬家より 一括寄贈を受け、以来毎年春に展観を行っています。

鉄斎と西宮で酒造業を営む北辰馬家(清酒「白鷹」醸造元)の親交は、1907(明治40年)、辰馬家初代悦叟73歳、鉄斎72歳の頃より始まり、鉄斎が89歳で亡くなるまで続きます。この間は鉄斎の作画生活が最も充実していた時期と重なり、多くの傑作が生み出されています。

今回の春季展では、辰馬家旧蔵鉄斎作品の中から、「東坡先生笠展図」を出品いたします。この作品は中国宋の文人蘇東坡を描いたものです。その文人としての生き方に深く共感していた鉄斎は、同日生まれということもあり彼に敬慕の念を抱いていました。
他にも悦叟の喜寿を祝って描かれた「三千歳図」や、とんち話で知られる 一休和尚の逸話が描かれた「一休蓮如問答図」など、三十代から晩年にかけての力作をご覧いただきたく思います。

※会期中、出品作品の入れ替えを行います。
前期:3月28日〜4月19日
後期:4月21日〜5月6日

 


教祖渡瀛図(前期)
パンフレットはこちらから 一休蓮如問答図(前期)




展覧会名称
富岡鉄斎展
期間
2020年3月28日(土)〜5月6日(水)
(前期3/28〜4/19、後期4/21〜5/6)
開館時間
10:00〜16:30(入館は16:00まで)
入館料
一般200円、敬老・大学生100円、高校生以下無料
休館日
月曜休館 (祝日は開館)
ミュージアムコンサート
謡と小鼓の響き「二人静」〜花の吉野山に義経を思い舞う静御前〜
日時:4月3日(金) 14:30〜15:30
謡:寺澤幸祐 小鼓:久田舜一郎、久田陽春子
参加費:無料(入館料のみお支払いいただきます)
交通
辰馬考古資料館へは、阪神電車香櫨園駅より徒歩2分
JRさくら夙川駅より徒歩7分
阪急電車夙川駅より徒歩10分





未成年者の飲酒は法律で禁じられています。お酒はおいしく適量を。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に影響するおそれがありますので、気をつけましょう。
飲酒運転は絶対にやめましょう。


Copyright (C) 白鷹株式会社. All Rights Reserved.